三鷹台団地でキックオフイベント

今日は3月4日(金)から始まる
暮らしの保健室みたかin三鷹台団地の
キックオフイベントでした。

元々三鷹台団地で活動していた
「みんなのブックカフェ」さんと
一緒にやっていく活動です。

今日のイベントは金子惇先生による
「かかりつけのお医者さんって、
本当に必要?」という講演でした。

20160220212639016.jpg

金子先生は市内にある診療所の医師で
三鷹に来る前は離島で唯一の医師を
していたそうです。

島では診療所の隣に自宅があるため
昼夜問わず患者さんが来る。
島で唯一の医師となるとできることは
全てやらなければならない・・・。

そんな中で島の人たちと関係を築き
東京に戻ってきてからも
医師と地域との繋がりを考えている。

そんな先生でした。

島に医師が1人だけということは
かかりつけ医はおのずと1人だけ。

私はスタッフでありながら
先生とは今日初めてお会いしたので
若さとイケメンぶりに驚きました。

20160220212709646.jpg

みんなのブックカフェは
若いお母さんたちが多く参加している
とても活気のある活動なので
今回のイベントにも若い方たちが
来てくれるかな?と思っていましたが
いつも通りの年齢層でした。

講演は若い方にも是非聞いて欲しい
内容だっただけに、少し無念でした。

20160220212742893.jpg

託児もありました。